The basket will be cleared if the country is changed. Do you still want to change country?

フリッツ・ハンセン リリー50周年アニバーサリー

MOVEMENT IN SILENCE

Movement in Silence July 28 - August 8, 2020

Movement in Silence 不完全な美しさ

プロジェクトディレクターチャジョンウク

エレガントな曲線が特徴的なフリッツ・ハンセンのチェア、リリー。アルネ・ヤコブセンの傑作の一つとして賞賛されるこのチェアは、快適な家具としての機能性と、優れたクラフツマンシップが反映された美しいフォルムを備えています。デンマーク人デザイナーのデザインへの献身と革新的なアプローチへのオマージュとして、工芸とデザインの世界で存在感を示す韓国の5人のアーティストが、リリーの50周年アニバーサリープロジェクト「Movement in Silence」に招かれました。

5人のアーティストは、アルネ・ヤコブセンのリリーの創造的で魅力的なデザインを独自に解釈し、韓国的でありフォルムではダイレクトに表現することのできない静かな美しさを模索しました。控えめでありながらも鮮やかな韓国の美学。アイデアを表面的に表現するのではなく、クリエイターの感性を通してその可能性を最大限に引き出し、観るものを深い鑑賞へと導きます。リリーのフォルムは、アーティストが彼らのデザイン哲学、構造美学、反復的な主題、慣れ親しんだ制作方法と新しいテクノロジーを表現するためのフレームワークとなりました。ミニマルかつ暗示的に表現されるコンセプトは、洗練、虚空、拡張、および反復です。

このプロジェクトの美しさを視覚的にだけでなく、記憶や直感などを含めた全身の感覚を通して捉え、体感していただけることを期待しています。

Lily 50th anniversary - Movement in silence

Kyungwon Baek(ペク・キョンウォン)

陶芸家のペク・キョンウォンは、大学で陶芸を専攻した後、韓国国内外を拠点として制作をしてきました。彼女は現在ソウルに拠点を置き、手で粘土を積み重ねてつまんで成形する手法で作品作りをしています。ベクは異なるフォルムを組み合わせて単純化し、機能性と芸術性、馴染みのあるものとないものの境界に位置する作品を生み出しています。

White Chair(ホワイトチェア)
2020年
粘土、コーンスターチ
80 x 50 x 50 cm
技術デザイン:Jongdae Ryu(リュ・ジョンデ)

アルネ・ヤコブセンの自然に対する関心の深さを表すチェア、リリー。「White Chair(ホワイトチェア)」は、リリーのフォルムの背景にあるものに焦点を当てています。チェアの上部は花を連想させ、ベースは植物の茎を表現しています。重なり合う円錐が作る幾何学的形状の規則性に、自然界に見られる構造が反映されています。この作品は、ベクが長年の修練により培った高い技術を使い、粘土を積み重ねてつまむ手法で作られています。ベース部分とは対照的に、チェアの上部は3Dプリントにより元のフォルムが維持されています。手の粘土への圧力は表面の質感として表れます。このパターンは3Dプリンターの反復的な動きによって作品上に再現されています。この作品では、手でアート作品を制作することの親しみやすさにテクノロジーが組み合わされ、調和のとれた質感の自然なフォルムが作り出されています。

kyungwonbaek.com

Lily Exhibition Movement in Silence by KYUNGWON BAEK
Lily Exhibition by Artist Beak kyungwon
Lily Exhibition by Artist Beak kyungwon
Lily Exhibition by Artist Beak kyungwon
Lily Exhibition by Artist Beak kyungwon
Lily Exhibition by Artist Beak kyungwon
Lily Exhibition by Artist Beak kyungwon
  • Lily Exhibition by Artist Beak kyungwon
  • Lily Exhibition by Artist Beak kyungwon
  • Lily Exhibition by Artist Beak kyungwon
  • Lily Exhibition by Artist Beak kyungwon
  • Lily Exhibition by Artist Beak kyungwon
  • Lily Exhibition by Artist Beak kyungwon

Rahee Yoon(ユン・ラヒ)

ユン・ラヒはソウルを拠点として活動するデザイナー兼アーティストです。金属工芸、テキスタイル、陶芸、木工など広範に工芸を専攻した彼女は、2017年に作品制作に専念するためのスタジオを設立しました。ユンは素材の特性を試すことを好み、そこから純粋な本質を抽出して偶発的な効果と組み合わせ、不規則でありながらも真っ直ぐな作品を生み出しています。さまざまな境界を越え、ユンは韓国中の小さな工房やソウル市内の技術者らと協力し、深遠な美しさを備えたオブジェを手作業で作り上げています。
Block Chair(ブロックチェア)
2020年
アクリル
83 x 54 x 49 cm

Block Chair(ブロックチェア)」を構成する内側を手染めした透明なブロックが、チェアに繊細でありながらも深遠な印象を生み出しています。アルネ・ヤコブセンのありふれた素材を生まれ変わらせる能力、彼の実験的なアプローチ、そしてシンプルなフォルムに触発された「ブロックチェア」。このチェアには、ユンが蓄積した実験技術と洗練された印象の表現力豊かなアクリル使いを見ることができます。南アフリカ原産のアガパンサスの細く濃いブルーの花びらが、根源的かつ抽象的にヤコブセンのデザインスタイルを継承していることを表現しています。

raheeyoon.com
Lily Exhibition Movement in Silence by RAHEE YOON
Lily Exhibition by Artist Yoon rahee
Lily Exhibition by Artist Yoon rahee
Lily Exhibition by Artist Yoon rahee
Lily Exhibition by Artist Yoon rahee
Lily Exhibition by Artist Yoon rahee
Lily Exhibition by Artist Yoon rahee
  • Lily Exhibition by Artist Yoon rahee
  • Lily Exhibition by Artist Yoon rahee
  • Lily Exhibition by Artist Yoon rahee
  • Lily Exhibition by Artist Yoon rahee
  • Lily Exhibition by Artist Yoon rahee
  • Lily Exhibition by Artist Yoon rahee

Ledongil(イ・ドンイル)

Ledongil(本名Dong-il Lee / イ・ドンイル)は、Studio Unravelのデザイナー兼クリエイティブディレクターです。彼は2016年にStudio Unravelを設立し、空間デザインとアートの境界を広げるプロジェクトを手がけ、2020年には、個人プロジェクトに取り組むために独立したスタジオLedongil Workshopを設立しました。彼の関心は、知覚的な現実と直感の間にあるものを題材にシーンを作り出すことにあります。彼は、金属、石、樹脂、光などの一般的な素材に独自のフォルムとウィットを与え、私たちに新しい視点で素材を見ることを促します。

Primeval Chair(プライミヴァルチェア)
2020年
アルミニウム
83(H) x 54(W) x 49(D) cm

Primeval Chair(プライミヴァルチェア)」は、50年前にアルネ・ヤコブセンがリリーを考案した時点−不完全でありながらも可能性に満ちた初期の段階−を表現しています。原始的な生産方法を想起させるために、古くからの製造方法である鋳造が採用されました。制作過程で表面には自然な表情が生まれ、チェアの周りのアルミニウムのかたまりが硬化し鋳型の跡が見られるようなり、結果として予期せぬ不完全なフォルムが生まれています。オリジナルのプロトタイプを想起させ、リリーが最終的に完成するまでの段階的な完成度を感じさせるために、シート部分は意図的に取り除かれています。

ledongilworkshop.com
Lily Exhibition Movement in Silence by LE DONGIL
Lily Exhibition by Artist  Ledongil
Lily Exhibition by Artist  Ledongil
Lily Exhibition by Artist  Ledongil
Lily Exhibition by Artist  Ledongil
Lily Exhibition by Artist  Ledongil
Lily Exhibition by Artist  Ledongil
  • Lily Exhibition by Artist Ledongil
  • Lily Exhibition by Artist Ledongil
  • Lily Exhibition by Artist Ledongil
  • Lily Exhibition by Artist Ledongil
  • Lily Exhibition by Artist Ledongil
  • Lily Exhibition by Artist Ledongil

Jungjoo Im (イム・ジュンジュ)

イム・ジュンジュは、オブジェクトを形作り生み出すデザイナー兼アーティストです。彼は視覚デザインと製品デザインを学び、製品と木材、金属、ガラス繊維などのさまざまな素材の特性に対する深い理解を養いました。イムは自身の知識と経験に基づき、2015年にデザインスタジオのObjects Labを設立しました。彼はフォルムとユーザーとの関係性を観察し、プレート、照明、家具などの日々の生活で使われるオブジェクトアイテムをデザインしています。彼は個人プロジェクトとして自身の作品から機能を排除したオブジェを作成し、フォルムやプロポーションが日常生活でどのように使われているかを確認しています。

Volume Chair(ボリュームチェア)
2020年
アッシュ材
93.5(H) x 60.5(W) x 60(D) cm

Volume Chair(ボリュームチェア)」は、リリーの対称的なバランスから着想を得ています。リリーのプロトタイプをインスピレーションとして、このチェアはフォルムの境界を押し広げました。ウッドを重ねてカッティングする工程で生まれたチェアの厳かなフォルムには、リリーの流れるような曲線が反映され、観るものにリリーを想起させます。一連のプロジェクトの一環である「ボリュームチェア」は、点、線、平面に任意の軸を使用して立体的な図形を作成しています。

jungjooim.com

Lily Exhibition Movement in Silence by JUNGJOO IM
Lily Exhibition by Artist Im jungjoo
Lily Exhibition by Artist Im jungjoo
Lily Exhibition by Artist Im jungjoo
Lily Exhibition by Artist Im jungjoo
Lily Exhibition by Artist Im jungjoo
Lily Exhibition by Artist Im jungjoo
  • Lily Exhibition by Artist Im jungjoo
  • Lily Exhibition by Artist Im jungjoo
  • Lily Exhibition by Artist Im jungjoo
  • Lily Exhibition by Artist Im jungjoo
  • Lily Exhibition by Artist Im jungjoo
  • Lily Exhibition by Artist Im jungjoo

JAERYO (ジェリオ)

Jaeryo(ジェリオ)は、粘土を扱うキム・ヌリ(Nuri Kim)と、パルプを使用して小型のオブジェから大型の家具までさまざまな作品を制作するオ・サンウォン(Sangwon Oh)により設立されたスタジオです。彼らは、粘土、パルプ、石膏、ガラス、磁器、木材、塗料などの材料の固有の物理的特性の調査を楽しみ、それらの組み合わせを試し、素材の持つ可能性の限界を押し広げています。

Paper Chair(ペーパーチェア)
2020年
張り子、オッチル(漆塗り)
80(H) x 52(W) x 53(D) cm

リリーのデザインと製作に際して、アルネ・ヤコブセンは自身の技術を高め、試作を繰り返したに違いありません。しかしながら、私たちが目にするのは最終的なチェアの姿のみです。「Paper Chair(ペーパーチェア)」はこの製作プロセスを隠喩的に捉え作品として表現しています。チェアの制作工程では、まず枠を組み、パルプを薄く均一に広げてフォルムを成形し、乾燥させた後に湿度の高い環境で漆を塗る作業が行われました。柔らかくしなやかなパルプに漆が塗り重ねられて層を成し、結果としてこのチェアが誕生しました。

jaeryo.com

Lily Exhibition Movement in Silence by JAERYO
Lily Exhibition by Artist Jaeryo
Lily Exhibition by Artist Jaeryo
Lily Exhibition by Artist Jaeryo
Lily Exhibition by Artist Jaeryo
Lily Exhibition by Artist Jaeryo
Lily Exhibition by Artist Jaeryo
  • Lily Exhibition by Artist Jaeryo
  • Lily Exhibition by Artist Jaeryo
  • Lily Exhibition by Artist Jaeryo
  • Lily Exhibition by Artist Jaeryo
  • Lily Exhibition by Artist Jaeryo
  • Lily Exhibition by Artist Jaeryo

詳細を見る Lily™

アルネ・ヤコブセン
リリー
バリエーション
3108, チェア, フルパディング, ファブリック
157,300 JPY
アルネ・ヤコブセン
リリー
バリエーション
3108, チェア, フルパディング, レザー
from 223,300 JPY
アルネ・ヤコブセン
リリー
バリエーション
3108, チェア, フルパディング, レザー
from 223,300 JPY
アルネ・ヤコブセン
リリー
バリエーション
3208, アームチェア, フルパディング
from 370,700 JPY