Welcome to Republic of Fritz Hansen

1872 – 1929

フリッツ・ハンセンの歴史は1872年に始まります。創業精神に富んだナクスコウ出身のキャビネット職人、フリッツ・ハンセンが通商権を取得したことから始まります。1885年は重要な年となりました。家具製造会社を立ち上げ、2年後にはコペンハーゲン中心街の クリスチャンハウンに製作所を立ち上げ、確固とした成功に持ち込みました。フリッツと息子クリスチャンは品質水準を高め、その後その品質の高さが フリッツ・ハンセン製品の特徴となっています。 

創業以来50年間にわたり長々と連なる一流顧客のリストは、20世紀初頭におけるフリッツ・ハンセンの評判が既に高かったことを示しています。フリッツ・ハンセンが家具を手掛けた建造物の一例としては クリスチャンボー城、大学図書館、コペンハーゲン市庁舎、最高裁判所、その他の大規模なプロジェクトがあります。

Fritz Hansen 1872

1930 – 1939

Republic of Fritz Hansen chair production 1930
今世紀初頭、 フリッツ・ハンセンの息子で進取の気性に富んだ クリスチャン・E・ハンセンは蒸気によるブナ材の曲げ木を使った試みを開始しました。この技法は1930年代に精緻を極め、フリッツ・ハンセンはこの分野におけるリーダーと言えるメーカーとなり、後ほどこの技法が同社の得意分野に進化を遂げます。それは、成形合板による家具の生産です。

ドイツの機能性の一種を取り入れたシンプルなラインと軽量と実用性重視のデザインはスカンジナビアのスタイルに躍進をもたらしました。フリッツ・ハンセンはデンマーク初のスチール製家具を発表、それと同時にコーア・クリントのデザインによる有名なチャーチチェアが発売され、この椅子は1936年から2004年まで フリッツ・ハンセンのコレクションとして生産されていました。
 

1940 – 1949

第二次世界大戦中の困難にもかかわらず、フリッツ・ハンセン工場は拡張を遂げました。厳冬がもたらす氷結により、デンマークの多くのウォルナットの木が枯れることがあります。フリッツ・ハンセンはこれを好機として、枯れたウォルナットの木を大量に購入しました。こうしてウォルナット材を使用した新シリーズの家具が登場しました。こうした独創的な姿勢がメディアの注目を浴び、成功を遂げました。

前衛的な建築家ハンス・J・ウェグナーのデザインによるチャイナチェアは、その間に生まれた名品の第一作品と言えます。このチェアには家具作りの職人技が木材に触れて生み出された彫刻美の極みです。それに続いて1945年に発表された名品はボーエ・モーエンセンのデザインによるスポークバックソファです。これは後にデンマーク製を代表するソファとして再販されました。 
 
The China Chair by Hans J. Wegner

1950 – 1959

SAS Royal hotel 1950

1950年代はアルネ・ヤコブセンとフリッツ・ハンセンのコラボレーションが特に緊密だった時期と言えます。共同開発は1934年に開始しましたが、成形合板ラミネート加工のアリンコチェアの創作により躍進を遂げました。このチェアはその後絶えることのないセブンチェアと、その他の圧力成型式合板製チェアの成功をもたらしました。アリンコチェアは ヴィッツ&モルガードのAXシリーズ並びにラミネート技法と分離可能家具の導入にインスピレーションを得たもので、現在もフリッツ・ハンセンの歴史のマイルストーンとして輝き続けています。

 コペンハーゲンのSASロイヤルホテルの委託によりデザインされたクラシックアイテムの名作、エッグチェアとスワンチェアを創造したアルネ・ヤコブセンの存在は、それにも増してさらにまぶしく輝いています。同氏デザインによる3300シリーズの発表によりその名声はさらに高まりました。この間、バチェラーチェアのデザインにより、ヴァーナー・パントンも人気を得ます。しかし、この期間の話題をほぼ独占したのがアルネ・ヤコブセンであったことは明確です。

 

1960 - 1969

1963年、アレロッドの工場は3棟に拡張され、1965年、創業の地であるコペンハーゲンのクリスチャンハウンにあった事務部門もアレロッドに移転します。クリスチャンハウンの社屋にはショールームが設けられました。 

ブルーノ・マテソンとピート・ハインのデザインによる、皆が等しく集えるデモクラティックなテーブル、スパンレッグのスーパー楕円テーブルは フリッツ・ハンセンで大きな成功を遂げた家具シリーズの一つとなりました。同じく成功を遂げたのはボーエ・モーエンセンのスポークソファとハンス・ウェグナーのチャイナチェアです。またアルネ・ヤコブセン作のモデルも強力な人気を示しました。 
 
Allerød production

1970 – 1979

The Egg and Arne Jacobsen
この間、フリッツ・ハンセンは大きな変化を遂げます。1979年の年初めにフリッツ・ハンセンは107年間続いた家族経営の会社が家族の手を離れたことを発表します。75%のシェアがスカンジナヴィスクホールディングの手に渡ったのです。

デンマークデザインの前衛的存在のヴァーナー・パントンがアヴァンギャルドのリーダーとなり、フリッツ・ハンセンの作品を刺激かつ啓発しました。同氏の中心的な役割はメディアからの批判を受けます。その後、アルネ・ヤコブセンやその他のクラシックなデザインに回帰する試みが芽生え、数年後に功を奏します。
 

1980 – 1989

昔ながらの老舗メーカーであったフリッツ・ハンセンは新事業主スカンジナヴィスクホールディングによる大型投資と再構築により、未来への新たな展望が開かれました。 

ベラセンターで開催されたファニチャーエキスポ1983や、コペンハーゲンにおける展示会やコンベンションセンターにてごく数点のみ展示されたフリッツ・ハンセンの新モデルは、老舗の当社が再び中心的存在に立ち戻り、デンマークを代表する一流家具メーカーの位置を再確立されたことを示すものとなりました。

フリッツ・ハンセンは、ポール・ケアホルムが1951年から1980年にかけてデザインした、ミニマルなデザインのコレクションの生産の権利を買い取ります。これはKEVIコレクションとムンク・モブラーの買収と共に、フリッツ・ハンセンの販売成績と事業収益を高めました。
 
Poul Kjærholm home 1980

1990 – 1999

Leather cow hyde
この時期のキーワードの一つとして、拡張という言葉が挙げられます。フリッツ・ハンセンは次の5種の産業への販売にフォーカスを定めます。それは食堂、会議室、休憩/待合室、オフィス空間、住宅です。1999年には新工場が ヴァシンゲレッドで竣工しました。業界において最先端技術を採用した工場はスタッキングチェアの生産量を劇的に高めます。この間、「フリッツ・ハンセンの伝統」を展示するショールームと博物館が一般公開されました。1998年に新CEO(代表取締役)のヤコブ・ホルムが就任し、それと同時にフリッツ・ハンセンは製造業者から、エンドユーザーに鋭くアプローチするブランド企業への変換を開始します。
 

2000 – 2009

2000年に発足した Republic of Fritz Hansen™のコンセプトは戦略の転換を示します。このコンセプトには、個性と独創的なメッセージを表現する企業や家庭において、フリッツ・ハンセンの家具は重要なイメージ表現の一部であるというメッセージが込められています。2000年代にはまた、フリッツ・ハンセンのデザイン哲学をコンテンポラリーな方向性で解釈する新鋭デザイナーを迎え入れました。キャスパー・サルトデザインのアイスシリーズとリトルフレンドは新素材と多機能性を採用し、ピエロ・リッソーニとセシリエ・マンツによる心地よいデザインと同様、新たなファンの獲得につながりました。 
同時に、この期間はクラシックアイテムを維持しつつ、時代に沿った活力を吹き込むことに焦点を当てました。2003年のオックスフォードチェアの復活などがその一例となります。
 
Republic of Fritz Hansen label

2010 -

Series 7
公共の空間での使用や家庭での使用の両方に適したスタイルにデザインされているため、フリッツ・ハンセンのコレクションはビジネス向けと個人邸向け市場の両方を対象としています。2011年、スペインのデザイナー、ハイメ・アジョンとのコラボレーションがスタートし、美しさと彫像をモチーフにした製品が生まれました。
2015年はセブンチェアの60周年、すなわち60年間愛され続けてきた完璧なかたちを祝う重要な年でもありました。フリッツ・ハンセンはまた、フリッツ・ハンセンのデザイン哲学を反映するデンマークの照明ブランド、ライトイヤーズを買収しました。ライトイヤーズの買収のほか、アクセサリー小物コレクション Objects(オブジェクツ)の展開を2016年にスタートさせました。「あなたの生活を際立たせる存在」をキャッチフレーズに、オブジェクツは フリッツ・ハンセンブランドの伝統を継承すると同時に、美しいながら手頃な価格のアクセサリー小物を通じて新たなお客様を招くものとなりました。