The basket will be cleared if the country is changed. Do you still want to change country?

1929-1980年

ポール・ケアホルム

PK22™をはじめとする傑作を残したポール・ケアホルムは、スチールに魅了され、天然素材を好みました。
詳細を見る
ポール・ケアホルム

プロフィール

ポール・ケアホルムは、家具職人としての修練を積んだ後、デンマーク美術工芸学校で学びました。建築素材に強い関心を持っていたケアホルムは、家具の素材としては当時まだ一般的ではなかったスチールも、木などの天然素材と同様に芸術的な繊細さをもつ素材であると考え、家具の製作に取り入れました。

ケアホルムは工芸学校卒業後の約1年間フリッツ・ハンセン社に勤め、その間に注目に値するチェアのプロトタイプを数多くデザインしました。ケアホルムと家具メーカーのアイヴィン・コル・クリステンセン社とのコラボレーションは1955年に始まり、その協力関係は1980年にケアホルムが亡くなるまで続きました。フリッツ・ハンセン社は、1951年から67年の間に開発された「ケアホルム・コレクション」の製造と販売を1982年に引き継ぎました。ケアホルムのコレクションは、細部に至るまでのロジカルなデザインと独特のオーラが特長です。

2007年には、それまで生産されていなかったPK8™チェアとPK58™ダイニングテーブルがコレクションに加わりました。

Poul Kjærholm
ポール・ケアホルム
PK25™
バリエーション
ファブリック, ナイロン芯入り麻ひも
1,430,000 JPY
ポール・ケアホルム
PK25™
バリエーション
ファブリック, ナイロン芯入り麻ひも
1,430,000 JPY
ポール・ケアホルム
PK54™
バリエーション
Ø140 cm, 大理石(マットポリッシュ) - グレーブラウン
1,350,800 JPY
PK22 in black leather, designed by Poul Kjærholm
Designed by ポール・ケアホルム 1956年

PK22™

ポール・ケアホルムがデザインした最もアイコニックな椅子は、比べるまでもなくPK22™でしょう。軽やかなデザインが確かなクラフツマンシップで実現されています。
製品を見る
PK9, tulipchair, along with the PKK54 table by Poul Kjærholm
Designed by ポール・ケアホルム 1960年

PK9™

ポール・ケアホルムは、海辺に座った妻が砂に残した跡にPK9™のインスピレーションを得ました。
製品を見る
Designed by ポール・ケアホルム 1968年

PK20™

エレガントでゆったりとしたラウンジチェアの真髄であるPK20™は、家具職人のポール・ケアホルムによって制作されました。
製品を見る
PK31 sofa, designed by Poul Kjærholm
Designed by ポール・ケアホルム 1958年

PK31™

自立した独立のソファであるPK31™は、ケアホルムによる理想のフォルムの探求を具現化した作品です。
詳細を見る
PK24 in black leather, designed by Poul Kjærholm
Designed by ポール・ケアホルム 1965年

PK24™

ケアホルムはこの椅子が2点の間に身体をつり下げることで機能する点から、この椅子を「ハンモックチェア」と呼びました。
製品を見る