The basket will be cleared if the country is changed. Do you still want to change country?

The Egg lounge chair with footstool in brown Elegance leather, designed by Arne Jacobsen
Designed by アルネ・ヤコブセン 1958年

エッグチェア™

アルネ・ヤコブセンが残した不朽の名作であるエッグチェアは、彫刻のようなデザインで、一瞬にして力を得たような感覚を覚えます。
エッグチェア
バリエーション
3316, ラウンジチェア, レザー
from 1,491,600 JPY
エッグチェア
バリエーション
3127, エッグチェア用フットスツール, レザー
from 358,600 JPY
エッグチェア
バリエーション
3316, ラウンジチェア, レザー
from 1,491,600 JPY
エッグチェア
バリエーション
3127, エッグチェア用フットスツール, レザー
from 358,600 JPY
エッグチェア
バリエーション
3316, ラウンジチェア, レザー
from 1,491,600 JPY
エッグチェア
バリエーション
3127, エッグチェア用フットスツール, レザー
from 358,600 JPY
エッグチェア
バリエーション
3316, ラウンジチェア, レザー
from 1,491,600 JPY
エッグチェア
バリエーション
3316, ラウンジチェア, ファブリック
from 860,200 JPY
エッグチェア
バリエーション
3127, エッグチェア用フットスツール, ファブリック
from 275,000 JPY
エッグチェア
バリエーション
3316, ラウンジチェア, ファブリック
from 860,200 JPY
Designed by アルネ・ヤコブセン 1958年

エッグチェア™

エッグチェアは、コペンハーゲンにあるSASロイヤルホテルのロビーおよびレセプションエリアのためにアルネ・ヤコブセンによりデザインされました。家具を含めたホテルのあらゆる要素についてデザインを任されることは、アルネ・ヤコブセンにとって、デザインと建築の統合という自らの理論を実践に移す絶好の機会でした。ほぼ垂直面と水平面だけで構成された建物とは対照的な彫刻のようなエッグチェアは、ヤコブセンのトータルデザインにおける偉業の一つだといえるでしょう。アルネ・ヤコブセンは、シェルの張り地の下に硬い発泡材を使用するという新しい技術をいち早く取り入れ、エッグチェアを誕生させました。アルネ・ヤコブセンは、まるで彫刻家のように、自宅のガレージで粘土を使って試行錯誤しながら、シェルの完璧なファルムを探究しました。張り地は幅広いバリエーションのファブリックおよびレザーからお選びいただけ、すべてサテン仕上げのスチールパイプ製回転部にアルミニウム製の4スターベースが取り付けられています。揃いのフットスツールもご用意しています。