The basket will be cleared if the country is changed. Do you still want to change country?

Designed by C.F. Møller Architects

BESTSELLER, VERO MODA

デンマーク, オーフス

デザインとクラフツマンシップがもたらすもの

シンボルとしてのチェア-同じビルに集まる各ブランド アパレル会社Bestsellerの新しいオフィスビルは、温かさ、品質、さまざまなミーティングスペースによって、デザインとクラフツマンシップを最大限活用すれば単に美しい部屋を作るという以上のことができるということを証明する好例となりました。

自らを「表現豊かな企業」と称するアパレル会社のBestsellerは、複数の現代的なブランドを展開しており、C.F. Møllerの建築にもそれが反映されています。5つの異なるビルは、一連の屋外空間、中庭、テラス、屋上庭園によってつながれています。全体に共通しているのは、美しい見た目から感じられる温かさです。デザインは異なっていても、利用する人のことを考えた高度なクラフツマンシップが一貫して生かされています。

オフィスビルと屋外空間の融合は、まるで街の中に作られた街にいるかのような印象を与えます。四方を運河と湖に囲まれた複合施設は、デンマーク・オーフスの海岸沿いに新たに開発された市街地への入り口となっています。総面積は21,500㎡に及び、800の仕事場に加え、ショールーム、講堂、ビデオおよび映画スタジオ、巨大な社員食堂、大きな会議やファッションショーを行える施設が整備されています。

屋内のさまざまな場所から、空と水の景色を望むことができます。ファサードは、2つの原則に基づいて設計されています。北と南のファサードは、深いウィンドウのニッチを縁取るように、軽い天然石の彫刻で覆われています。一方、東と西のファサードは、シンプルで透明なガラスに天然石があしらわれています。

屋内で過ごすと、一貫して温かさが顕著に感じられます。施設はすべて人が集まるために作られており、各エリアの機能に合わせて慎重に調整されています。ここでは、同社の揺るぎない美的価値観が確かな輝きを放っています。

講堂には演台が設置されており、伝統的な講堂に対する現代的な解釈として、セブンチェアが置かれています。台に乗せられ、まるで宙に浮いているかのように軽やかに立つそれらは、講演者の方を向いて何列もの列をなし、シャープな構造に力強い有機的な印象を与え、経験の中心に人を据える空間を演出しています。

食堂には、独特の見た目を象徴するかのように、異なる椅子が使用されています。グランプリチェアのエッジが、有機的なシェイプの紙製のランプがあちこちに吊り下げられた天井と極めて対照的です。そこには確かな品質が感じられます。椅子のスタイルはセブンチェアと似通っていますが、この食堂は、ほんの些細な変化が部屋に新たな個性を与えることがあるということを示す好例でしょう。

所在地 デンマーク, オーフス
プロジェクト完了時期 2015年
設計 C.F. Møller Architects
ゾーン 食堂、講堂
プロダクト セブンチェア™, ブランプリチェア


 

アルネ・ヤコブセン
セブンチェア
バリエーション
3107, チェア, 粉体塗装仕上げ, カラードアッシュ
59,400 JPY

プロジェクトのサポート

特別仕様や価格、サンプルなど、プロジェクトのサポートにつきましては担当者へお問い合わせください
お問い合わせ先

あなたへのおすすめ