The basket will be cleared if the country is changed. Do you still want to change country?

Designed by 黒川紀章建築都市設計事務所

国立新美術館

国立新美術館は、日本最大級の展示スペースを持つ施設です。

常設コレクションを持たないタイムレスな美術館

黒川紀章建築都市設計事務所と株式会社日本設計が共同設計した国立新美術館(NACT – The National Art Center, Tokyo)は、柱のない12の展示室に加え、アートライブラリー、講堂、レストラン、カフェ、ミュージアムショップを併設した美術館です。延床面積が45,000㎡を超える同館は、国内最大規模の美術館でもあります。

国立新美術館は、常設コレクションを持たず、国内最大級の展示スペース(14,000㎡)を生かした多彩な展覧会の開催、美術に関する情報や資料の収集・公開・提供、教育普及など、アートセンターとしての役割を果たす、新しいタイプの美術館です。建物とそのデザインは多様な活動と創造的表現に柔軟に対応できるものになっています。

複数の展覧会の同時開催が可能な高い機能性を備えたギャラリー施設であり、波打つ巨大なガラスファサードが特徴的なこの建物のアトリウムには、2つの大きな逆円すいが立っています。それぞれの逆円すいの最上部にはレストランとカフェが設けられ、ガラスファサード越しに景観を楽しめます。建物の周囲には周辺の緑と溶け込むよう木々が植栽され、アトリウム空間は六本木エリアのナイトライフや周辺のアクティビティと美術館をリンクするスペースになっています。


所在地:東京、六本木
設計監理:黒川紀章・日本設計共同体
竣工:2006年5月
カテゴリー:文化施設
建築面積:12,989m²
延床面積:49,834m²

鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)

地上4階、地下1階

プロダクト:セブンチェア、PK80™、アイスチェア、テーブルシリーズ等

 


 
 
アルネ・ヤコブセン
セブンチェア
バリエーション
3107, チェア, フルパディング, レザー
from 137,500 JPY

プロジェクトのサポート

特別仕様や価格、サンプルなど、プロジェクトのサポートにつきましては担当者へお問い合わせください
お問い合わせ先

あなたへのおすすめ