The basket will be cleared if the country is changed. Do you still want to change country?

Eggs and Swans SAS Royal hotel
アルネ・ヤコブセン

ラディソン・コレクション・ロイヤル・コペンハーゲン

コペンハーゲン(デンマーク)

エッグチェアの故郷

ラディソン・コレクション・ロイヤル・コペンハーゲン(旧SASロイヤルホテル)

アルネ・ヤコブセンは、20世紀の最も偉大なデンマークの建築家の1人に数えられます。その多彩な才能は、国内外で高い評価を得ました。アルネ・ヤコブセンは大枠の設計から細部に至るまで、建築プロセスのすべての要素に通じていました。彼のプロとしてのこだわりの1つは、質の高いクラフツマンシップでした。

Hammerichsgade通りのSASロイヤルホテルの建設は1956年に始まりました。4年後、当時北欧地域で最も高いビル、かつスカンジナビア最大のホテルの開業準備が整いました。22階建てのSASロイヤルホテルは、1950年代を象徴する「ジェット機時代のランドマーク」と呼ばれるようになりました。このホテルはスカンジナビアで最もモダンなホテルとみなされ、設計全体と建物を構成する要素一つ一つの機能や材料の選定におけるアルネ・ヤコブセンの細部に至るこだわりが高く評価されたのです。

今日、SASロイヤルホテルはラディソン・コレクション・ロイヤル・コペンハーゲンへと名前を変えました。しかしながら、デンマークのモダニスト建築の優れた見本であることに変わりはなく、建築家アルネ・ヤコブセンが細部まですべての設計を行ったホテルとして世界中に知られています。このホテルはコペンハーゲンで最も調和のとれた高層ビルであり、モダンデザインの理想を実現しています。アルネ・ヤコブセンの芸術的才能が、建物のプロポーションからインテリアデザインに至るホテル全体に、顕著に表れています。総合芸術(ドイツ語ではgesamtkunstwerkと呼ばれます)に基づく設計構想を貫くヤコブセン独特の才能は称賛にされています。

ロビー ― 現在のホテルのロビーは、多くの意味で1960年代のロビーに似ています。このスペースはショッピングゾーンで区切られています。ショップのガラス枠により、ロビーは街の喧騒から隔てられ、同時に日の光が部屋の中に取り込まれています。その結果、静かで高級感のある雰囲気が生まれています。有名なエッグチェアとスワンチェアは、このホテルのために特別にデザインされたもので、この空間の心地よい静けさにマッチしています。

階段 ― スワンチェアの有機的なフォルムとともに、曲線を描く階段がシャープな輪郭を描くシンプルなホテルの構造と強いコントラストを成しています。この極めて華奢な階段の構造は、当時の技術では実用化できるかできないかの瀬戸際でした。

場所:コペンハーゲン、デンマーク
設計者:アルネ・ヤコブセン
建築年:1960年
エリア:ロビー、レストラン、談話スペース
製品:スワンチェア、セブンチェア、3300シリーズ、エッグチェア

SAS Royal hotel staircase and eggs and swans reception
The 7 series chair in the restaurant in SAS royal hotel
Meeting room with Lilly
SAS Royal hotel meeting room Swan chairs
  • The restaurant in SAS royal hotel in Copenhagen
アルネ・ヤコブセン
セブンチェア
バリエーション
3207, アームチェア, フルパディング
from 172,700 JPY
アルネ・ヤコブセン
リリー
バリエーション
3208, アームチェア, フルパディング
from 370,700 JPY