The basket will be cleared if the country is changed. Do you still want to change country?

Designed by Snöhetta

CLARION HOTEL ENERGY

ノルウェー, スタヴァンゲル

独特の外観と内装

ノルウェーの石油産業の中心地であるスタヴァンゲルでは高級ホテルに対する需要が高まっており、フリッツ・ハンセンはそれに応えるべく、ノルウェーの一流建築事務所であるSnöhettaとともにClarion Hotel Energyを建設しました。世界水準のデザイナーズホテルに対する未来の答えが、このホテルです。

ノルウェー国立オペラ・バレエ劇場を設計したことで知られるSnöhettaは、最高の建築的魅力を持つ卓越したホテルを設立するよう依頼されました。際立って素晴らしい建物です。独自のデザインには、もっぱらフリッツ・ハンセンの家具が採用されました。

フリッツ・ハンセンが選ばれたのは、時代を超越するデザイン、際立ったアイデンティティ、高い品質、類まれなるクラフツマンシップに定評があるためです。内外の建築アプローチを反映する能力も評価されました。

 ホテルの全体的なイメージは、スタヴァンゲルがかつて果たしていたノルウェーの水産および缶詰産業の中心地としての役割に由来しています。内部は、白い壁と木製の床やドアなどの天然素材を特徴とする流動的なスペースで構成されています。

同様に、ホテルに置かれているフリッツ・ハンセンのさまざまな家具もウッド、レザー、ウールといった天然素材を使用し、素材特有の試練に耐えてきたものです。テーブルから椅子やソファまで、すべての家具がClarionならではの見た目、印象、アイデンティティを持つ特別仕様となっています。一つひとつの家具に独自の個性があり、各部屋にさりげない力強さを与えるとともに、ホテル全体に北欧の美学をもたらしています。カラーコンセプトも見逃すことはできません。ウイングごとにまとめられた独自の配色が、廊下のカーペットや対応する各部屋に反映されています。

全体として、独特の建築デザインと家具が見事に融合しています。高級ホテルで独自の個性を表現することにより、ハイエンドデザインにおける新たな刺激的な基準を打ち立てています。 

プロジェクト Clarion Hotel Energy
カテゴリ 宿泊施設
所在地 ノルウェー, スタヴァンゲル
プロジェクト完了時期 2014年
内装設計 Snöhetta
ゾーン ロビー、レストラン、ブレイクアウトエリア、客室、会議室
プロダクト テーブルシリーズ, セブンチェア™、プラーノ, ミナスキュール, リン, エッグチェア™, ロオチェア, ファウン, アルファベットソファ
 

 

 

ハイメ・アジョン
ロオチェア
バリエーション
JH1, イージーチェア, サテン仕上げアルミ製ベース
from 420,200 JPY
アルネ・ヤコブセン
セブンチェア
バリエーション
3107, チェア, ナチュラルウッド
71,500 JPY
アルネ・ヤコブセン
エッグチェア
バリエーション
3316, ラウンジチェア, レザー
from 1,491,600 JPY
アルネ・ヤコブセン
セブンチェア
バリエーション
3197, バースツール, ラッカー
85,800 JPY
キャスパー・サルト
ナップチェア
バリエーション
KS60, アームチェア, 粉体塗装仕上げ
62,700 JPY