The basket will be cleared if the country is changed. Do you still want to change country?

MY SENSE OF COLOUR

フリッツ・ハンセンはカルラ・ソッツァーニとのコラボレーションにより新しいカラーパレットを誕生させました。光と闇の対立や自然から導き出された16色の新色は、すべてのカラーに少しずつレッドを加えることで、暖かな色味でまとまりのあるカラーコレクションに仕上げました。 フリッツ・ハンセンは、建築、ファッション、音楽、デザインの時代を牽引している11名に、それぞれが選ぶ一色「MY SENSE OF COLOUR」とその背景をインタビューしました。 自分にとっての「MY SENSE OF COLOUR」をセレクトして、彩り豊かなインテリアスタイリングをお楽しみください。
デザイナー

相澤陽介

ミッドナイトブルー
“自分が一番好きな時間は午前4時から5時の間。
紺碧の空から薄明かりに移り変わる時、なんとなく希望を感じるから。
ミッドナイトブルーはそれを表す色。
今の気持ちを映し出しているようにも感じる。”
スタイリングディレクター

大草直子

ダスクブルー
“グレージュの無垢の床、そして無骨でワイルドな天板をもつテーブル。
並ぶ食器もほとんどが、グレーかミッドナイトブルー。
我が家のダイニングテーブルの景色はとても静かです。
トープ色のレザーを貼ったセブンチェアに、そしてグレイッシュなブルーのセブンチェア。
表情の違う椅子に、家族が5人座り、たくさんのメニューが並び。
みんなで食べて、話して、飲み、歌う
――家族の時間が始まると、そのシーンはとても華やかなものになるのです。”
Naoko Okusa
インテリアデザイナー、Wonderwall®︎ 代表 / 武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科 教授

片山正通

オリーブグリーン
マスターピースとしてよく目にする存在だけに、今回のカルラ・ソッツァーニのカラーキュレーションは新鮮に映ります。
中でも特に
オリーブグリーンは意外でした。
あえてシックな空間に使ってみたいと思います。
Masamichi Katayama
建築家

隈研吾

ディープクレイ
僕は「影」を作ることに興味がある。
「影」の中にいると、人間は安心し、安らかな気分になれるからである。
日本建築は「影の建築」である。
そしてディープクレイは、影の色である。
Kengu Kuma
クリエイティブディレクター

佐藤可士和

パラダイスオレンジ
アクセントとしてはもちろん、このパラダイスオレンジの椅子を思い切りたくさん並べた空間をデザインしてみたくなり、楽しいイメージがいろいろ膨らんだ。
クリエイティビティを刺激してくれる楽しい一色。
Kashiwa Sato
デザイナー, Common Projects 共同創業者

Flavio Girolami

ディープクレイ
住空間を静かに引き立てるディープクレイを選びました。
そのエレガントな影は確かな存在感で平穏な感覚をもたらします。
Flavio Girolami
アーティスト

とんだ林蘭

ラベンダーブルー
カラーはラベンダーブルーを選びました。
くすんだペールトーンはもともとすごく好きなカラーなので、フリッツハンセンの家具で、この色があるなんて嬉しい!と思いました。
Tondabayashiran
ミュージシャン

野宮真貴

ベネチアンレッド
長年愛用しているセブンチェアにカラーバリエーションが増えて嬉しい限り!
私は、今年還暦イヤーなのでベネチアンレッドをチョイス。深くシックなレッドが特別な一脚になりそうです。
フラワーアーティスト

ニコライ・バーグマン

ワイルドローズ
セブンチェアはデンマークの絶対的なアイコンとして確立されており、世界中で愛されています。
新しい魅力的な色のラインナップはとても新鮮で、私が創り出す花のカラーグラデーションのトーンに似ていて、共感しています。
特に、ワイルドローズは、私のお気に入りの花の色を想い出させてくれます。

藤原ヒロシ

ライトベージュ
経年変化が待ち遠しい。
ミュージシャン

山口一郎

ベネチアンレッド
自宅に置いているミッドセンチュリーの家具と合わせることを考えたときに、この色の雰囲気が一番マッチすると思いました。
違う世界観の物を一つの空間に混ぜ合わせる面白さは、音楽を作る作業に似ていると僕は感じています。
A SENSE OF COLOUR

16 NEW CAREFULLY CURATED COLOURS

セブンチェア、アリンコチェア、グランプリチェアのシェルとベースの新色で心躍るインテリアデザインの可能性を探求しましょう
詳細を見る