The basket will be cleared if the country is changed. Do you still want to change country?

Energy label
NEW 2019年9月発売予定
FH lounge chair christianshavn green uni 1161 lacquered oak angle
Designer: ハイメ・アジョン

JH97™

JH97, ラウンジチェア オーク クリアラッカー仕上げ

バリエーション: ファブリック, クリスチャンハウン 1161, ダークグリーン
すべてのバリエーションを表示する
一部を隠す
264,600 JPY
incl. 8% VAT

フリッツ・ハンセンとハイメ・アジョンのコラボレーションによって、JH97™ラウンジチェアは過去と未来を完璧なバランスで融合し、アーティスティックなフォルムで誕生しました。

 

美しいカーブを描くフレームはクリアラッカー仕上げのオーク、ウォルナットステイン仕上げのオーク、ブラックのカラードアッシュの3種類で、低めのシルエットがクラシックなルーツを持ちながらもコンテンポラリーな雰囲気をもたらします。緩やかな丸みを帯び、どの角度から見てもエレガントで装飾的なジョイント部は、デンマークデザインの伝統にちなみ、手作業で組み立てられ ています。

 

長時間座るときにも快適に過ごせるよう、湾曲しつつも直立に近い角度の背もたれと、ワイドでフラットな存在感のあるアームレストが体を支え、包み込みます。大きなクッションはデザインの中に浮かんでいるような印象を与えます。張り地が取り外し可能なカバーとなっており、カバーを交換することにより雰囲気を変えることができます。

 

詳細を見る
詳細を隠す
製品情報
ベースの素材: オーク
幅: 77,4 cm
奥行き: 50,2
仕様
フリッツ・ハンセンの特徴をすべて備えたこのラウンジチェアの彫刻的なフレームは、機械でカットした8つの無垢材のパーツに丁寧に仕上げを施し、手作業で組み立てることによって作られています。フレームのバリエーションはは、FSC認証を受けたオーク(クリアラッカー仕上げ)、ウォルナットステインドオーク、ブラックカラードアッシュの3種類です。 張り地には、フリッツ・ハンセンが独自に開発したウール混ファブリックであるクリスチャンハウンをお選びいただけます。様々な美しい仕上げとカラーで展開し、手触りが良く耐久性に優れたテキスタイルです。
Energy label
 
1974年-

ハイメ・アジョン

アジョンのスペイン人としてのバックグラウンドとユーモアのセンスは、ラウンジアイテムからダイニングチェアまで、彼が創り出すものすべてに内在しています。
動画を見る
Related products

You might also like...

Caravaggio™ Read
バリエーション
フロアランプ, Ø140mm, H1100mm
日本未発売
ポットチェア
バリエーション
3318, ラウンジチェア, ファブリック, クロームベース
from 212,760 JPY
プフ
バリエーション
プフ, ラージ
from 61,020 JPY
オクセン
バリエーション
4201, ラウンジチェア, レザー, アルミニウムスターベース
from 1,557,360 JPY
ハイメ・アジョン

略歴

スペイン人アーティスト兼デザイナー
ハイメ・アジョンは、1974 年マドリッド生まれのスペイン人アーティストでありデザイナーです。フランコ没後、フレッシュかつダイナミックな国として成長するスペインで、自由な空気の中アジョンは育てられました。細やかさと大胆さを併せ持ち、さらには風変わりなイメージが差し迫ってくるような今日のハイメ・アジョンの作品が創り出されるベースには、彼が10代の頃に没頭したスケートボードカルチャーやグラフィティアートがあるといえます。アジョンはマドリッドとパリで工業デザインを学んだ後、1997年にはベネトンによって創立されたデザインとコミュニケーションのためのリサーチセンター「ファブリカ」に加わり、高名なクリエイティブディレクターであり活動家のオリビエーロ・トスカーニと共に仕事をしました。彼が研究生というポジションからデザインの責任者へと抜擢されるまでには、さほどの時間を要しませんでした。それから8年後、人気に火がついたアジョンは、デザイナートイのコレクションに始まり、陶器や家具、インテリアデザインやインスタレーションへと活動の領域を広げていきました。
 
Jaime Hayon sketch af the Favn sofa