The basket will be cleared if the country is changed. Do you still want to change country?

Designed by BIG

デンマーク国立海洋博物館

デンマーク, ヘルシンオア

世界に誇る建築

かつてのエルシノア造船所で使用されていた深さ8メートルのドライドックに4,000立法メートルのユニークな建物を設計すること。業務内容は、基本的にはこのような感じでした。建物は地表から1メートル以内でなければならなかったのですが、それが実現されました。当初4社の建築事務所がプロジェクトの入札に参加しましたが、5つ目の設計事務所は全く異なる方針をたてたのでした。
"Out of the box"
Bjarke Ingels Group(BIG)は、文字通り「枠から飛び出し」、外側にドックをぐるりと囲むように博物館を設置することにしたのです。プロジェクトはBIGの圧勝でした。「提案されたプロジェクトを見たら、全く迷いはありませんでした。4つともすべての条件を満たしていましたが、5つ目がとにかく素晴らしかったのです」と、博物館のキュレーターを務める歴史家のBenjamin Asmussenは語ります。プロジェクトの実現には7年の歳月がかかり、その過程で多くの問題に直面しました。「クロンボーは当然ながらユネスコの世界遺産に登録されているのですが、それに損害を与えることなくドックを乾かすのは、想像以上に大変でした」。広報担当者のSigne Lundgrenは、私たちを案内しながら、このように説明しました。

クロンボー橋
話を一通りたどった後、狭い展示廊下を通ってドックを一周し、ガラスとスチールでできたジグザグの歩道橋を渡ってドック室に入ります。それらの真ん中にあるクロンボー橋には、博物館の会議室が置かれています。「ここは博物館の中心で、恐らくこの建物で最も美しい部屋でしょう。写真に撮られることが最も多いのもこの場所です」。Lundgrenは説明を続け、この場所について、とにかくソーシャルメディアに登場するほとんどの写真がここで撮られていると話しました。三角形の空間には、オーク材の床に合わせて、オーク材のシェルを使用したセブンチェアがずらりと並べられています。セブンチェアは、艶消し仕上げの真鍮の脚に固定されています。「オーク材が真鍮と出会い、真鍮がオーク材と出会います」とLundgrenは言い、次のように続けます。「真鍮が使われているのは、ホールのこの場所だけです。海と繋がりがあり、温かみを感じさせるこの素材は、博物館の構造全体に使用されている冷たいガラスやアルミニウム、そして特に周囲のコンクリート打ちっぱなしのドックと好対照をなしています」。美しい椅子が並ぶ会議室は、意図した通りに機能しています。「オープンからわずか4カ月で、すでに39件の予定が入りました」。Lundgrenはそう説明しながら、防音・遮光カーテンでこの部屋を博物館の他の場所から完全に遮断できることを実際にやって示してくれました。
 
注釈
デンマーク国立海洋博物館は、建築事務所のBIG Bjarke Ingels Groupによって設計されました。博物館は、エルシノア造船所の古いドライドックを囲むように地下に設置されています。BIGは、古いドックを歴史的な産業遺跡として保存し、開放的な屋外展示室兼イベントスペースとして残しました。Maritim Museums Byg ApSを施主とし、建築資金は多額の寄付により海洋博物館の基金で賄われました。総額で数百万デンマーククローネに達しました。デンマーク国立海洋博物館は、博物館の後援者であるマルグレーテ2世デンマーク女王陛下によって、2013年10月5日に正式にオープンし、オープンから4カ月で4万人近くが訪れました。年間来場者数10万人を目標としています。総面積は6,500立法メートルです。建物はデンマークのマスコミから高い評価を受け、2015年には文化建築部門でArchDailyの「Building of the Year」を受賞するなど、複数の賞を獲得しています。
 
プロジェクト完了時期: 2013 
設計: Bjarke Ingels Group
ゾーン: 講堂
プロダクト: セブンチェア™